キャスト | 映画『すべてが変わった日』公式サイト 映画『すべてが変わった日』公式サイト

CAST

  • Diane Lane
    ダイアン・レイン
    マーガレット・ブラックリッジ役

    ニューヨーク映画批評家協会と全米映画批評家協会から最優秀女優との評価を受けているベテラン女優。多くの映画賞で高い評価を得た『運命の女』(02)では年下の男性との情事に溺れる人妻を演じ、アカデミー賞、全米映画俳優協会、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされた。また翌年に主演した『トスカーナの休日』(03)でもゴールデングローブ賞にノミネートした。

    『パーフェクト・ストーム』(00)、『最後の初恋』(08)『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(15)などに出演している。また、ケビン・コスナーとは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)、『ジャスティス・リーグ』(17)にて、スーパーマンことクラーク・ケントの両親役で共演している。

  • Kevin Costner
    ケビン・コスナー
    ジョージ・ブラックリッジ役

    コメディ、アクション、ヒューマンドラマなど数多くの作品に出演、長きに渡り第一線で活躍する人気俳優。『アンタッチャブル』(87)、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)、『JFK』(91)、『ロビン・フッド』(91)『ボディガード』(92)、『13デイズ』(00)といった代表作を持ち、また、監督・製作・主演を務めた『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(90)では、最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む7つのアカデミー賞を受賞した。

    本作でもエグゼクティブプロデューサーを兼ねている。また、ダイアン・レインとは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)、『ジャスティス・リーグ』(17)にて、スーパーマンことクラーク・ケントの両親役で共演している。

  • Kayli Carter
    ケイリー・カーター
    ローナ・ブラックリッジ役

    映画、舞台、テレビドラマと活躍の場を広げる若手女優。タマラ・ジェンキンス監督の『プライベート・ライフ』(18)での演技が評価され、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされた。近年では、テレビドラマ『ミセス・アメリカ ~時代に挑んだ女たち~』に出演し、ケイト・ブランシェット、ローズ・バーン、サラ・ポールソンらと共演した。

  • Lesley Manville
    レスリー・マンヴィル
    ブランチ・ウィーボーイ役

    ダニエル・デイ=ルイスと共演した『ファントム・スレッド』(17)での演技により、アカデミー賞と英国アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたベテラン英国女優。『マレフィセント』(15)、『ロンドン、人生はじめます』(17)などに出演。

    近年ではNetflix配信の『ザ・クラウン』第5シーズンにてマーガレット王女を演じたほか、舞台にも積極的に出演を続けており、ジェレミー・ヘリン監督の舞台「The Visit(原題)」ではヒューゴ・ウィーヴィングと共に主演を務めた。

  • Will Brittain
    ウィル・ブリテン
    ドニー・ウィーボーイ役

    多くの批評家たちから高い評価を受けたアマゾン・スタジオ配給の『ブロー・ザ・マン・ダウン 女たちの協定』(19)に出演したブリテン。そのほか『 ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』(19)、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)、リチャード・リンクレイター監督のコメディー映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』(16)などに出演している。

  • Jeffrey Donovan
    ジェフリー・ドノヴァン
    ビル・ウィーボーイ役

    多くの批評家たちから高い評価を受けたアマゾン・スタジオ配給の『ブロー・ザ・マン・ダウン 女たちの協定』(19)に出演したブリテン。そのほか『 ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』(19)、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)、リチャード・リンクレイター監督のコメディー映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』(16)などに出演している。

  • Booboo Stewart
    ブーブー・スチュワート
    ピーター役

    ディズニー・チャンネル・オリジナルムービー『ディセンダント』のジェイ役のほか、『トワイライト』シリーズのセス・クリアウォーター役で人気を博した。また『X-MEN』シリーズのウォーパス役やNetflixで配信されたドラマ『Julie and the Phantoms(原題)』にも出演している。

CAST

  • Diane Lane
    ダイアン・レイン
    マーガレット・ブラックリッジ役

    ニューヨーク映画批評家協会と全米映画批評家協会から最優秀女優との評価を受けているベテラン女優。多くの映画賞で高い評価を得た『運命の女』(02)では年下の男性との情事に溺れる人妻を演じ、アカデミー賞、全米映画俳優協会、ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされた。また翌年に主演した『トスカーナの休日』(03)でもゴールデングローブ賞にノミネートした。

    『パーフェクト・ストーム』(00)、『最後の初恋』(08)『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(15)などに出演している。また、ケビン・コスナーとは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)、『ジャスティス・リーグ』(17)にて、スーパーマンことクラーク・ケントの両親役で共演している。

  • Kevin Costner
    ケビン・コスナー
    ジョージ・ブラックリッジ役

    コメディ、アクション、ヒューマンドラマなど数多くの作品に出演、長きに渡り第一線で活躍する人気俳優。『アンタッチャブル』(87)、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)、『JFK』(91)、『ロビン・フッド』(91)『ボディガード』(92)、『13デイズ』(00)といった代表作を持ち、また、監督・製作・主演を務めた『ダンス・ウィズ・ウルブズ』(90)では、最優秀作品賞と最優秀監督賞を含む7つのアカデミー賞を受賞した。

    本作でもエグゼクティブプロデューサーを兼ねている。また、ダイアン・レインとは『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(16)、『ジャスティス・リーグ』(17)にて、スーパーマンことクラーク・ケントの両親役で共演している。

  • Kayli Carter
    ケイリー・カーター
    ローナ・ブラックリッジ役

    映画、舞台、テレビドラマと活躍の場を広げる若手女優。タマラ・ジェンキンス監督の『プライベート・ライフ』(18)での演技が評価され、インディペンデント・スピリット賞にノミネートされた。近年では、テレビドラマ『ミセス・アメリカ ~時代に挑んだ女たち~』に出演し、ケイト・ブランシェット、ローズ・バーン、サラ・ポールソンらと共演した。

  • Lesley Manville
    レスリー・マンヴィル
    ブランチ・ウィーボーイ役

    ダニエル・デイ=ルイスと共演した『ファントム・スレッド』(17)での演技により、アカデミー賞と英国アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされたベテラン英国女優。『マレフィセント』(15)、『ロンドン、人生はじめます』(17)などに出演。

    近年ではNetflix配信の『ザ・クラウン』第5シーズンにてマーガレット王女を演じたほか、舞台にも積極的に出演を続けており、ジェレミー・ヘリン監督の舞台「The Visit(原題)」ではヒューゴ・ウィーヴィングと共に主演を務めた。

  • Will Brittain
    ウィル・ブリテン
    ドニー・ウィーボーイ役

    多くの批評家たちから高い評価を受けたアマゾン・スタジオ配給の『ブロー・ザ・マン・ダウン 女たちの協定』(19)に出演したブリテン。そのほか『 ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』(19)、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)、リチャード・リンクレイター監督のコメディー映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』(16)などに出演している。

  • Jeffrey Donovan
    ジェフリー・ドノヴァン
    ビル・ウィーボーイ役

    多くの批評家たちから高い評価を受けたアマゾン・スタジオ配給の『ブロー・ザ・マン・ダウン 女たちの協定』(19)に出演したブリテン。そのほか『 ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷』(19)、『キングコング:髑髏島の巨神』(17)、リチャード・リンクレイター監督のコメディー映画『エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に』(16)などに出演している。

  • Booboo Stewart
    ブーブー・スチュワート
    ピーター役

    ディズニー・チャンネル・オリジナルムービー『ディセンダント』のジェイ役のほか、『トワイライト』シリーズのセス・クリアウォーター役で人気を博した。また『X-MEN』シリーズのウォーパス役やNetflixで配信されたドラマ『Julie and the Phantoms(原題)』にも出演している。