スタッフ | 映画『すべてが変わった日』公式サイト 映画『すべてが変わった日』公式サイト

STAFF

監督・脚本
トーマス・ベズーチャ
Thomas Bezucha

ゲイ&レズビアン映画祭で高く評価された『Big Eden(原題)』で監督デビュー。2000年に本作がきっかけとなりバラエティ誌の「注目すべき脚本家ベスト10」にも選ばれた経歴を持つ。2作目は、ダイアン・キートンを筆頭に実力のある出演者が集まった『幸せのポートレート』(05)、セレーナ・ゴメス主演『恋するモンテカルロ』(11)にて監督・脚本を担当。

リリー・ジェームズ主演の『ガーンジー島の読書会の秘密』(18)では脚本を務めた。また、ベズーチャ監督は、マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズ『Secret Invasion(原題)』の監督に抜擢されている。

STAFF

監督・脚本
トーマス・ベズーチャ
Thomas Bezucha

ゲイ&レズビアン映画祭で高く評価された『Big Eden(原題)』で監督デビュー。2000年に本作がきっかけとなりバラエティ誌の「注目すべき脚本家ベスト10」にも選ばれた経歴を持つ。2作目は、ダイアン・キートンを筆頭に実力のある出演者が集まった『幸せのポートレート』(05)、セレーナ・ゴメス主演『恋するモンテカルロ』(11)にて監督・脚本を担当。

リリー・ジェームズ主演の『ガーンジー島の読書会の秘密』(18)では脚本を務めた。また、ベズーチャ監督は、マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマシリーズ『Secret Invasion(原題)』の監督に抜擢されている。