ストーリー | 映画『すべてが変わった日』公式サイト 映画『すべてが変わった日』公式サイト

STORY

1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケビン・コスナー)は、妻のマーガレット(ダイアン・レイン)、息子のジェームズ(ライアン・ブルース)、その妻のローナ(ケイリー・カーター)、生まれたばかりの孫のジミーと幸せに暮らしていた。しかしある日、ジェームズが落馬して首の骨を折り、この世を去るという悲劇に見舞われてしまう。

3年後、ローナはドニー・ウィーボーイ(ウィル・ブリテン)という若者と再婚。マーガレットはスーパーの駐車場で、ジミーがアイスクリームを落としてしまったことに苛立ったドニーがローナの頰を叩いているのを目撃してショックを受ける。心配したマーガレットはケーキを焼いてローナたちが住む家を訪ねるが、3人はすでに引っ越していた。胸騒ぎを感じたマーガレットは、ノースダコタ州にあるドニーの実家に向かったというローナとジミーを取り戻すことを決意する。反対していたジョージだが妻を説得することができず、ともに車に乗り込み救出の旅に出るのだった。

マーガレットが密かに銃を忍び込ませた車に乗り込み、ノースダコタ州に向かって美しい景色のなかを進んでいくふたり。旅の途中では孤独なネイティブアメリカンの青年、ピーター(ブーブー・スチュワート)との思いがけない交流もあった。街の保安官事務所や馬具店でウィーボーイ家についての情報を得て、ついにマーガレットとジョージは、一家の用心棒的な存在であるビル・ウィーボーイ(ジェフリー・ドノヴァン)と出会う。

ふたりはビルの案内でローナとジェームズがいるという屋敷へと向かうが、そこに暮らすのは女家長、ブランチ・ウィーボーイ(レスリー・マンヴィル)が暴力と支配欲ですべてを仕切る、異様な一家であることが明らかになる。常識が通用しない一家を相手に、マーガレットとジョージは義理の娘と孫を取り戻そうとするが……。

STORY

1963年、モンタナ州の牧場。元保安官のジョージ・ブラックリッジ(ケビン・コスナー)は、妻のマーガレット(ダイアン・レイン)、息子のジェームズ(ライアン・ブルース)、その妻のローナ(ケイリー・カーター)、生まれたばかりの孫のジミーと幸せに暮らしていた。しかしある日、ジェームズが落馬して首の骨を折り、この世を去るという悲劇に見舞われてしまう。

3年後、ローナはドニー・ウィーボーイ(ウィル・ブリテン)という若者と再婚。マーガレットはスーパーの駐車場で、ジミーがアイスクリームを落としてしまったことに苛立ったドニーがローナの頰を叩いているのを目撃してショックを受ける。心配したマーガレットはケーキを焼いてローナたちが住む家を訪ねるが、3人はすでに引っ越していた。胸騒ぎを感じたマーガレットは、ノースダコタ州にあるドニーの実家に向かったというローナとジミーを取り戻すことを決意する。反対していたジョージだが妻を説得することができず、ともに車に乗り込み救出の旅に出るのだった。

マーガレットが密かに銃を忍び込ませた車に乗り込み、ノースダコタ州に向かって美しい景色のなかを進んでいくふたり。旅の途中では孤独なネイティブアメリカンの青年、ピーター(ブーブー・スチュワート)との思いがけない交流もあった。街の保安官事務所や馬具店でウィーボーイ家についての情報を得て、ついにマーガレットとジョージは、一家の用心棒的な存在であるビル・ウィーボーイ(ジェフリー・ドノヴァン)と出会う。

ふたりはビルの案内でローナとジェームズがいるという屋敷へと向かうが、そこに暮らすのは女家長、ブランチ・ウィーボーイ(レスリー・マンヴィル)が暴力と支配欲ですべてを仕切る、異様な一家であることが明らかになる。常識が通用しない一家を相手に、マーガレットとジョージは義理の娘と孫を取り戻そうとするが……。